耐震+制震ダンパー・耐震補強・全倒壊防止・大臣認定耐力壁・地盤液状化対策

株式会社アイ・エム・エー

SL-Cube[エスエルキューブ]

耐震補強について理解していますか?

日本に存在する旧耐震ビルマンション

旧耐震基準と新耐震基準とは?

日本全国で耐震性能に不安のあるビルマンションは今現在いったいどのくらい存在するかご存知でしょうか?
現在適用されている耐震基準より低い基準で設計されたビルマンションは、全国に約100万戸存在します。

ビルマンション戸数全体で約500万戸あるので、およそ20%のビルマンションに耐震性能が劣っている可能性があるということになります。

該当物件が旧耐震か新耐震かどうかを見分ける簡単な方法は、耐震基準の改正された昭和56年(1981年)6月1日より前に設計されたビルマンションかどうかとなります。これは、実際にビルマンションが完成した時期ではなく、設計の審査(建築確認申請)がいつかによって判断します。(したがって、昭和57年や58年に建物が完成していても、旧耐震基準で設計されている可能性はあります)。

旧耐震基準で設計されているからといって必ず耐震性能に劣るわけではありませんが、旧耐震基準で設計されたビルマンションや不安のあるビルマンションの場合は、必要な地震対策を講じるべきでしょう。上記で説明した旧耐震基準設計に該当するビルマンション以外にも下記の特徴が見られる場合は耐震性に問題がある可能性があります。

  • 傾斜地,埋立地,沼地に建てられた建物である。
  • ひび割れ・建物の著しい汚れ・錆びた鉄筋・外壁の崩れ、地盤の沈下が見られる。
  • 吹き抜けやセットバック、1階部分がピロティ構造になっている。
  • 建物の平面計上が正方形・長方形以外である。

耐震基準とは?

では、旧耐震基準と新耐震基準では具体的にどのような違いがあるのでしょうか?耐震基準とは、建物が地震動に耐え得る能力を国が定めるもので、関東大震災以降に世界に先駆けて日本で施行されました。その後1978年に発生した宮城県沖地震をきっかけに1981年に大きく改正され、現在の新耐震基準が誕生しました。旧耐震基準は概ね震度5程度の地震に耐える事を規定したのに対して新耐震基準では震度6強の地震に耐えられるように規定しています。

新耐震基準はより細かい規定となり、例えば平面上・立面上のバランスをより良くすること等が要求されています。この1981年の大きな改正以外にも、度重なる地震災害を経るたびにその被害状況を鑑みて個別の改正や追加が度々なされています。では、近年予測される南海トラフ大地震や首都直下型地震に対して、新耐震基準を満たしていれば耐震性は十分と言えるのでしょうか?耐震基準はあくまでも現時点での知見と技術レベルに基づいて決められた最低ラインに過ぎません。

地震は複雑な自然現象ですので、絶対に安全という事は有り得ません。内閣府が発表した南海トラフ大地震の被害想定は九州から関東沿岸までの広い範囲に渡っての被害が想定されており、最大で建物全壊焼失棟数238万棟、死者32万人となっています。同様に首都直下型地震が発生した場合の被害想定も東京都だけで建物被害30万棟,死者1万人となっており、大地震に対する備えは喫緊の課題となっています。

内閣府南海トラフ地震シミュレーションCG

熊本地震で倒壊した旧耐震ビルマンションの事例紹介

熊本地震では、鉄筋コンクリート造りのビルで1階がつぶれる被害が相次ぎました。1階部分を駐車場などに利用するため壁を少なくした「ピロティ型」などの建物がほとんどでした。

阪神・淡路大震災で被害があったことから設計の基準が強化されましたが、それ以前に設計された古いビルマンションで被害が目立つ結果となりました。

熊本市西区の7階建てマンション1階部分の借主である料理店主森田康敬さん(40)は16日未明、閉店後のトイレで「本震」に見舞われた。コンクリート片がバラバラと落ちるなか外に逃げ、壁向こうにあった駐車場のほうを見て驚いた。上の住居部分が地面すれすれまで落ち込み、鉄筋コンクリート製の柱が、ぐしゃりとつぶれていた。「あとちょっとで自分もつぶれてしまうところだった」。

マンションを販売した会社の元社長(67)によると、建物は1974年に完成。「市中心部でも、これからは車が欠かせない」と考え、1階に駐車場を設けたという。
被災した現地を調査した松田泰治・熊本大教授(地震工学)は「ピロティ形式の耐震性が弱いのは阪神大震災の教訓としてあったはずなのに、今回もまた被害が出てしまった」と指摘する。

ピロティ形式の建物は1階部分に2階から上の荷重を支える壁が少ないため、建物が大きく揺れると柱に力がかかってつぶれやすい。

阪神大震災では、81年以降に設計された新耐震基準の建物でもピロティ形式のケースでは被害が発生した。これを受け95年に基準が強化され、ピロティ形式の場合、太い柱や鉄筋の増量が求められた。

柱を太く補強し、筋交いを入れるなどの耐震補強工事をすれば被害は減るが、民間の建物はコストや住民の合意形成の問題があり遅れているという。もし、幹線道路沿いのビルマンションが倒壊すれば、震災時の救援の妨げになる可能性もある。

東京大の田尻清太郎准教授(耐震構造)は「避難や救助に影響する幹線道路沿いはより強力に耐震化を進める必要がある」と話す。

耐震診断とは?

耐震性に問題や不安がある場合はどうすれば?

耐震性に問題があるとわかったら、もしくは不安がある場合にはまず、耐震診断を行うことが一般的となっています。耐震診断の内容は建物の構造や規模によって異なりますが共通する内容として現地調査と図面や計算書からの診断があります。現地調査では、コンクリート強度や中性化の状態などを詳しく調べます。また、増築や改築が図面に反映されているかどうかもチェックします。

こうした現地調査の結果を踏まえ、図面や構造計算書を基に建物の強度を再計算し、設計内容が現行の「新耐震基準」と比べてどの程度であるかを判定しますが、その代表的な指標として「Is値」というものがあります。 Is値が基準値よりも低い建物の場合には、耐震性に問題があるという診断結果ですので耐震補強等可能な限りの地震対策を講じる必要があります。

*1次~3次の診断は順に行うのではなく、通常、建物の規模などによりいずれかの診断を行います。
*8階建て程度の建物でも、認定などを取得する場合は3次診断を行うよう指導される場合があります。
*S(鉄骨)造の場合は3次診断を行うことになります。また、下層階と上層部の構造が異なる複合構造の場合、建物の状況により診断内容が異なります。

耐震診断にはどのくらいの費用がかかるのか?

耐震診断の費用については一概には言えませんが、2次診断を行う中規模の一般的な建物の場合、現地調査を含めて400万~500万円程度がひとつの目安となります。自治体によっては簡易診断なら無料で実施してくれる地域もありますので、該当ビルマンションのある自治体に問合せしてみるのもよいでしょう。

耐震診断費用参考例

耐震補強とは?

耐震診断の結果、耐震性に問題がある事がわかったらどうすれば良いのか?

耐震性に問題が発見された場合は、可能であれば耐震補強(耐震改修)工事をしたほうが良いでしょう。耐震診断から工事までの一般的な流れは以下の通りです。

耐震診断から補強工事までの流れ

耐震補強工事には耐力壁やブレースを追加したりするなどの耐震補強を実施して、耐震性を向上させる解決策がありますが、長期間に渡る工期のうえに耐震診断をはるかに上回る費用が発生する等、負担は非常に大きいです。

耐震補強費用はどのくらいかかるのか?

耐震補強の費用は、耐震診断と同様に一概には言えませんが参考として以下のようになります。

規模別の平均補強コスト

上のグラフは東京都による補強コストの調査結果です。延床面積1,500㎡(約20戸程度のマンションや5階建てビル)の場合、耐震補強には5,000万円もかかる場合があります。建物の意匠図や構造図が無い場合はそれらの図面を復元する必要がありますので、現地調査項目が多くなり図面作成も必要となりますので、上記の㎡単価を上回る事になります。

まとめこのように、大地震に備えなければいけないとわかってはいても、手間やコストがとてもかかってしまう為に結果として何も対策を講じていないケースが多く見られます。建物の地震対策を進める為には、まず耐震診断を検討する必要があります。諸事情により耐震診断が受けられない場合であっても、最悪の被害となる倒壊を防ぐ事を検討することは必要です。

低コストで実現可能な地震対策!!「SL-Cube」

SL-Cube(エスエルキューブ)とは?

SL-Cube(エスエルキューブ)とは古いビルマンション向けの開発された、全倒壊防止を目的とした地震対策です。

※SL-CubeはIS値を改善させるような耐震補強.耐震改修ではありません。

防錆塗装を施した立方体鋼板をボルト接合して積層したものがSL-Cubeです。その斬新な仕組みから、あらゆる形状のビルマンションにも採用可能です。

SL-Cubeは従来の耐震補強とは異なり、ビルマンションの全倒壊防止に特化して設計されており、巨大地震によって1階の柱が損傷した場合に、その柱の代わりに緊急的に建物の重量を支える杖の役割を果たします。

名称のSL(エスエル)とは、ソフトランディング(軟着陸)と言う意味を表し、建物重量を支える際には多段式のユニットが一段ずつ衝撃を吸収しながら荷重を支えます。

鉄筋コンクリート造のビルマンションにおいて、耐震診断や耐震補強の実施前の緊急避難的な地震対策として、または全倒壊防止策としてSL-Cubeを是非ご検討下さい。

※SL-Cubeは全倒壊防止を目的として開発されており、一般的な耐震補強とは違った機能を備えています。コストが安く、ビルマンションにおいて耐震診断や耐震補強は負担が大きくて実施出来ないときにも緊急的に取組んでいただく地震対策として最適です。

SL-Cubeの優れた6つの特長

1マルチステージ機構

1階柱が折れて、SL-Cube に衝撃が加わったときでも、ユニット全体で均一に変形 するのではなく、SL-Cubeが1段ずつ順番に変形することで衝撃を吸収します。 例えるなら自動車のバンパーのようなショックアブソーバーが何段も積み重なっているイメージです。

2垂直支持機構

常にSL-Cubeに垂直に荷重がかかるよう、建物から吊り下げるように設置し、足元は固定しません。揺れによる斜めの変形を抑制し、SL-Cube単体が持つ垂直方向の荷重支持力を持続して発揮します。※対象物件毎に仕様が変わる可能性があります。

3低価格(耐震補強の1/5~1/10)

一般的な耐震補強工事と比べて非常に低価格で工事できます。耐震診断や耐震補強が難しいビル・マンションでも、プランや状況、ご予算に応じて必要性の高いところから設置できます。

4施工が簡単

SL-Cubeは資材運搬・組み立てに大掛かりな重機が一切不要です。作業もボルト接合かメインなので、溶接などの危険な作業はありません。

5短工期・小規模工事

工期は最短で72時間で完了します。工事の為の大きな囲いや足場も不要なので、建物の居住者・利用者様への負担がありません。

6建物の外観維持

SL-Cube設置後も、採用ビルマンションの採光・見通し・通風を損なわず、また、SL-Cubeの塗装カラーはお好きな色を選ぶ事が出来るので、建物外観のデザイン性を維持することが出来ます。

SL-Cubeはピロティ型のビルマンションに特に効果を発揮します。

ピロティ型の建物とは、1階部分が店舗や駐車場,ガラス張りのオフィスなど,スペース確保の為に耐震要素の一部となる壁が無い状態の建物の事を言います。建物1階の柱は上階の荷重を支えており、地震の際には大きな負荷がかかります。ピロティ型の建物では壁が少ないので、より1階の柱の負担は大きなものとなり、全倒壊の危険性は増します。

ピロティ型建物の弱点である1階部分の壁の少なさに対して、SL-Cubeなら緊急対策としてビル全倒壊防止が低コストで行えるので、現実的に可能な地震対策です。SL-Cubeは、ピロティ部分の柱のすぐ横に“杖”をつくような形で設置します。 ユニットの上部は固定しますが、ユニット下部は固定しません。

建物が揺れてもユニット下部がステンレス板(1階床に設置)上で前後左右にスライドできる状態にします。下部が固定されていないためユニット全体が損傷しにくく、柱が壊れた後でもSL-Cubeは支持力を持続できるような仕組みになっています。
※条件によってSL-Cubeの仕様は変更する場合があります。

その支持力はキューブ1列あたり、最大50tもの重量を支えます。 列を増やして使用することで、最大で11階建て建物の全倒壊防止補強が可能になります。 また、多段式のSL-Cubeユニットが徐々に衝撃を吸収します。支持力を維持しながら衝撃を吸収(ショックアブソーバー)するので、建物へのダメージが緩やかになり、全倒壊防止に役立ちます。

全倒壊を防ぐことにより人命を守り、周辺道路の閉塞や救助活動への支障などの二次災害を防止します。 地震は待ってはくれません。耐震補強、耐震補強前の緊急避難的措置、全倒壊防止策として、SL-Cubeの導入を是非ご検討ください。

SL-Cube 紹介動画

実大圧縮耐力検証実験

実験場所:現 国立研究開発法人 建築研究所 1,000t載荷試験機にて

SL-Cubeがどれくらいの建物荷重を支えられるのかを、実大圧縮実験で検証しています。SL-Cube単体での実験はもちろん、より実際に近い状況を想定したSL-Cube積層ユニット試験体でも実験を実施しました。結果としてSL-Cubeの性能は列数に比例することがわかりました。

実験結果

SL-Cube単体は最大50tの荷重に耐えます。また、3列10段の積層ユニットにおいては最大167tの荷重に耐えられます。これは高さ11階相当の鉄筋コンクリート造ビルマンションの1階部分柱が受ける荷重の肩代わりが可能な性能値です。

SL-Cubeご採用事例

事例1.物件名:S商事様自社ビル

SL-Cube工事費用:約450万円/工事時期:2014年

事例2.物件名:M建築設計事務所様事務所ビル

SL-Cube工事費用:約150万円/工事時期:2016年

事例3.物件名:M様所有賃貸マンション

SL-Cube工事費用:約400万円/工事時期:2016年

SL-Cubeご採用者 インタビュー 東京都在住 M様

  1. 今回ご採用された所有ビルの構造,階高,築年数,用途等教えて下さい。
    私共が所有している三中ビルは、築43年,4階建ての古い鉄筋コンクリート造 賃貸マンションになります。だいぶ以前に両親から譲り受けました。1階部分はテナントと駐車場になっており、2階より上階は一般賃貸となっています。お住まいの方は年配の方が多く、古くからいらっしゃる方が大半です。
  2. 以前から地震に関して不安がありましたか?
    以前からとても不安でした。旧耐震基準で建てられた古い建物なので、外壁もひび割れ等ありますし。最近東日本大震災など大きな地震が頻発しているので、地震被害が他人事とは考えられませんでした。建物が壊れることも防ぎたいですが、なによりもお住まいの方の人命を守りたいと強く感じてました。また、高齢者の方々は新しくお住まいを探すのも困難だと思いますので出来る限り、取り壊したり,建て替えたりという方法以外で建物を維持させたいと思ってました。
  3. この建物は旧耐震基準時代に設計された建物ですが、耐震診断はされましたか?

    耐震診断はしてません。耐震診断をするだけでも少なくない費用がかかってしまいますが、診断をしたからといって建物が良くなるわけではないですし…。更に診断後にもし耐震補強することになれば私共で到底用意できる費用内では収まりきらないですしね…。耐震診断にお金をかけるなら、その分何か他の地震対策が出来ればと考えていました。

    今回アイ・エム・エーさんのSL-Cubeを検討する前に、実は別の会社に地震対策を相談していました。何度かその会社の担当とお話しましたが、高額な耐震改修や補強の話しかされず、最終的には建て直しを勧められてしまったので、その会社の提案は見送りました。

  4. どこでSL-Cubeを知りましたか?
    インターネットで古いビルマンションの地震対策を探している時にアイ・エム・エーさんのホームページを拝見して知りました。中々私共のビルマンションのような悩みを相談出来る場所がなくて苦労しました。
  5. 数ある地震対策製品の中で、どのような理由でSL-Cubeをご検討されましたか?
    費用を出来るだけかけずに地震対策したいと考えておりました。SL-Cubeなら低価格で地震対策が可能だと思ったからです。耐震補強のように建物全体に対策を施すのではなく、部分的に補強する対策が良いと思いました。大地震が起こった時に、建物が壊れるのは仕方ないとしても、中に居る人達が避難出来るような最低限の対策が、求めるものとしてはちょうど良いと思いました。
  6. SL-Cubeの採用検討する際、提案内容についてどのように思われましたか?
    現地調査の際、建物を見ながら具体的にどの部分が構造的に弱いのか、どのような対策が必要かをわかりやすく説明していただけたので、安心しました。後日の打合せでは専門家の方が模型を使って説明される対応に誠実さを感じ、信頼感が湧きました。
  7. 最終的にSL-Cubeを採用された理由は何になりますか?

    1番の理由はやはり、耐震補強よりも低コストであることです。自己予算の範囲内の費用で済んで良かったです。2番目は、SL-Cubeの仕組みや考え方なら人命を守ってくれると感じたことです。製品の説明を聞いて、より安心感が増しました。実際に建物に設置されたSL-Cubeの見た目はがっちりしていて頼もしいと思いました。3番目は、工期が短くてお住まいの方に負担がかからないことです。大掛かりな工事で無いことも良かったです。
  8. 工事期間中、何かご不満な点はございませんでしたか?
    全くありませんでした。実は1階部分のテナントさんはカラオケ店を経営されており、工事の振動や音を心配されておりました。でも、アイ・エム・エーさんが事前にテナントさんに対して振動や音はほとんど気にならない程度であること,短納期であること,を説明して下さったので、結局最後まで不満の声はありませんでした。それ以外の居住者の方からも工事に関する不満の声がなかったので、大変満足しております。
  9. 設置されたSL-Cubeをご覧になった感想をお聞かせください。
    第一印象は、SL-Cubeの色が明るくて、見た目がかっこいいなと思いました。また、建物が倒れそうになっても、SL-Cubeがしっかり支えて人命を守ってくれそうな印象でした。
  10. 耐震補強費用が高いために地震対策を断念されている方に向けて、メッセージをお願い致します。
    地震の揺れに不安を感じる方がいましたら、SL-Cubeは耐震補強に比べて費用を非常に低く抑える事が出来るので、一度ご相談されてみるといいと思います。私共のビルの構造のような1階に開口部が多い建物(ピロティー型)には、絶対SL-Cubeを採用した方が、構造的に良いと思います。今後大地震が起きる可能性が高まっていると思いますが、SL-Cubeが設置されていると、とても安心感があります。皆さんも出来る範囲内で地震対策をご検討された方が良いと思います。

施工の流れ ※対象物件毎に仕様が変わる可能性があります。

足元にアンカーボルトをセットし、均しモルタル仕上げ後、 ステンレスベースプレートを設置します。

上部にコンクリートドリルで穿孔し、孔内を清掃して、樹脂 または接着カプセルを挿入し、アンカーを埋め込みます

養生硬化後、最上段SL-Cubeを取り付けます。

SL-Cubeを上段から順番に連結して組み立てて行きます。
※写真は9段仕様です。

上部にモルタルを注入します。

店舗ファサードの色彩、採光、視認性を考慮しながら倒壊防 止策が完成します。

モルタル硬化時間も全て合わせて 施工時間約72時間

導入フロー

お問い合わせ

所有もしくは管理されているビルマンションにSL-Cubeをご検討される場合は、いつでも問合せフォームもしくはお電話にて当社株式会社アイ・エム・エーにご連絡ください。

初回打合せ

当社営業担当がご訪問させていただき、詳しいお話をヒアリングさせていただきます。その際に該当物件の図面があればそれも参考にさせていただきます。

現地調査

技術担当・施工担当が該当物件の現地調査を実施します。SL-Cubeが効果的に設置可能か判断し、後日提出するお見積もりと設計プランの根拠とさせていただきます。

お見積もり・設計プラン提出

現地調査と図面を基に作成したお見積もりとSL-Cube設計プランニングをご提出させていただきます。

ご契約

お見積もり・設計プランにご納得して頂ければご契約書を交わします。ご契約後具体的なスケジュール等の打合せに進みます。

工事着工

打合せたスケジュールに沿ってSL-Cube設置工事をいたします。重機を使わない工事なので、短納期且つ低負担で工事を進める事が出来ます。

工事完了

工事完了後、問題無いかご確認していただいたうえで納品とさせていただきます。

お問合せ・資料請求

どんな小さな事でもお気軽にお問合せ下さい

 お問合せ・資料請求はこちら