ブログ

熊本地震から丸2年が経ちました~制震の必要性~

はじめに

未曾有の震度7クラスの大地震が2度も立て続けに発生したあの熊本地震から、早くも2年が過ぎようとしています。260人以上の尊い人命が犠牲になり、被害の大きかった熊本・大分両県の住宅被害は約20万棟にのぼります。…さて、2年が過ぎた現在、被災地はどのような状況になっているでしょうか。

現地の状況

いまだ震災前の日常に戻れず、復興がなかなか見えない人々が多くいます。
Aさんは地震で自宅が全壊しましたが、全壊した自宅の住宅ローンと新しく建てる新居の住宅ローンの2重ローンに苦しめられています。
Bさんは学生向けにアパート経営をしていましたが、地震の影響で借主が激減しました。アパートのローン支払いに窮している状況の中、Bさんが今住んでいる仮設住宅の入居期限が近づいています。目下ローン支払いについて金融機関と話し合っている状況です。
Cさんはもともと農家でしたが、地震の影響で農業を続けることが出来なくなってしまいました。今住んでいる仮設住宅ではひきこもりがちになってしまい、横になって寝ていることが多くなってしまいました。そんな生活を続けているうちに重度の腰痛持ちとなってしまい現在療養中です。
また、ストレスから飲酒量が増えるケースを増加しています。 飲酒量のコントロールができずアルコール依存症にまでなってしまう人が現地で問題となっています。

まとめ

いかがでしょうか、被災地の現状がおわかりいただけたでしょうか?熊本地震が引き起こしたこれら多くの問題について、丸2年が経過した今、メディアで取り上げられることもだいぶ少なくなってきました。しかし、まだまだ被災者の人々にとっては、地震が発生したあの日から今まで、現在進行形としてずっと続いている問題なのです。

ブログ一覧に戻る