GVA[ジーバ]の制震効果

制震効果をリアルな実験で実証

「GVA設置」と「未設置」の比較ではGVA設置は揺れを70%軽減!

あるか、ないかでこんなに違う

GVA未設置モデルは、一般的な構造用合板による試験体。
最大250ミリも揺れたため、実験後は右写真のように釘が曲がったり抜けた状態でした。

制震装置を設置したモデルは最大揺れ幅が72.5ミリ。 約70%揺れを軽減できました。

「硬い構造」と「制震構造」の比較、震度7を制したのは?

「硬さの構造」と「制震構造」こんなに違う

丈夫な構造とされる「たすき筋交いモデル」は、大きな揺れにたまらず折れてしまいました(右図)。
一方GVAは、震度7の揺れに耐えることができました。

右下の図で、試験体の硬さが推測できる「固有振動数」を確認してみましょう。

タスキ筋交いでは固有振動数が大きく低下していて、硬さが低下したことを示しており、実験結果を反映した数値となっています。

GVAの方は大きな揺れを受けても固有振動数があまり変わらず、ほぼ性能に変化がないことを表しています。

繰り返しの余震にも対応する事が実証

阪神淡路大震災級の地震波を連続6回加えた実験を行ってもなお倒壊レベルには至りませんでした。

実験について

個別物件での効果は、使用している構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。
そこで、効果を確かめるために比較実験としています。以下の点にご留意ください。

  • 耐震性の要素だけを比較しやすいように仕上材を設置せずに実験を行っています。
  • 2階建ての1階部分を想定した4tonの荷重をかけて実験を行っています。

従来からある一般的な耐力壁と比較して、どのような違いがあるのかを極力正確に表そうとした実験です。

場所 防災科学技術研究所
日時 2013年1月7日~27日
試験体 (横)2.73m×(奥行)1.7m×(高さ)2.8m
地震波 阪神淡路大震災の地震波(JMA KOBE-NS) 震度7相当 最大加速度818ガル